2013年1月13日日曜日

2013 Happy-yo-kai

Yesterday the preschool that I teach English at had a concert. Throughout the year, I taught various songs to the children, and they sang some of those songs at the concert. The last song was a special song.

For the first two songs, the children did really well. However, they were little shy. At school, they are always talking and singing so loudly, but since their parents were there, they got nervous.
The last song they sang was called 10 Little Monkeys. For the song, the children became monkeys, one of the teachers was the mama, and I was the doctor. We acted out the song while the children sang. In the song, the monkey's mother tells the children to go to sleep, and says goodnight, but as soon as she leaves the room, the monkeys start playing and jumping on the bed. One monkey falls off and bumps his head. The mama called the doctor and the doctor said, "No more monkeys jumping on the bed!" But when the mama leaves the room, the same thing happens until there are no monkeys left on the bed. It is a funny song!
You Tube https://www.youtube.com/watch?v=e1MxtTPm-Ek&feature=youtube_gdata_player
昨日私は英語を教えているの保育園は発表会をしました。年間をつうじて、色々な歌を教えてきました。その中から発表会で、子供達がいくつかの歌を歌いました。最後の歌は特別な曲でした。最初の二つの曲は、皆良くできました。でも子供達は少しシアイでした。いつも保育園で大きい声で話したり、歌たりします。でも、ママとパパがいたので、緊張しているようだった。

最後の曲は10 Little Monkeysといいました。十匹の小さいさるです。この曲で子供はさるになりました。私はお医者さんになりました。おさるの寝る時になったら、ママに「おやすみなさい」といってベッドに入って、でもママが部屋を出るか出ないかのうちに、さるたちがベッドの上で遊んだりジャンプをしたりします。それで、一匹がベッドから落ちて、頭をぶつけます。ママはお医者さん、私、に電話してお医者さんが「No more monkeys jumping on the bed! ベッドの上にジャンプをしては行けません!」としかります。 でも、ママが部屋を出って、また同じことを繰り返します。最後にはベッドの上に誰もいなくなります。とても面白かった!


0 件のコメント:

コメントを投稿